放射性物質検査の方法について

放射性物質検査の方法について

東日本大震災後に起こった福島第一原発の事故によって、放射性物質が広い範囲に撒き散らされました。
その影響で国民は農作物の安全性について心配するようになりました。


国民は農作物の産地を注意深く調べるようになり、より汚染の低い地域で取れたものを購入するようになりました。

しかし放射性物質検査が行われ始めたことで、基準値以上の農作物は流通出来なくなりました。

食品に含まれる放射性物質の基準値は、食物の種類によって異なります。

今回は検査の方法を、ご説明します。

今年、最も指示を集めたエレベーター リニューアルの情報が欲しい方必見です。

事故後放射線量の値を調べるために、ガイガーカウンターを購入する人が増えました。


しかし食物に含まれる放射性物質を調べるのはガイガーカウンターでは不可能です。ガイガーカウンターはあくまでも空間線量測るものなのです。
食物に含まれる放射性物質の量を調べるには、専用の測定器が必要になります。

今では自治体も測定器を購入し、地域に住んでいる方の持ち込む家庭菜園の食物などを、無料で測定してくれるところも多いです。


測定器で検査する際の方法ですが、まず検体をミキサーなどで粉砕します。

エレベーターメンテナンスのコストについて|エレベーターのメンテナンス、改修工事(エレベーターリニューアル) コスモエレベーター情報を厳選して紹介します。

検体の量は1キロ必要になります。

粉砕した1キロの検体をビニール袋に入れ、専用のケースに入れます。
専用のケースに入れた検体を、測定をする機械に入れます。

測定に要する時間は45分です。

その後検査結果が出ますので、出た値がその食物における国の設定された基準値以下の場合は流通可能になります。

エレベーター メンテナンス|エレベーターのメンテナンス、改修工事(エレベーターリニューアル) コスモエレベーター情報は信頼性が高く、好評です。